熟練したレイアウト設計者が高品質・高付加価値をLSIに描きます

アナログとデジタル双方のレイアウト設計で多くの実績を持っています。保有するCAD・P&Rツールを使って、Mixed-Signal回路のレイアウトをトータルで設計します。
アナログとデジタルのレイアウト設計者、あるいはレイアウト設計者と回路設計者が綿密なコミュニケーションをとりながら、回路の特性と面積縮小を検討してバランスのとれたチップレイアウトを実現します。
また、回路設計との一貫設計に加えて、レイアウト設計のみのご依頼にもお応えします。

LSI ANALOG

経験値の豊富な設計者が匠の技で描きます。

■ 経 験

国内外の多種多様なFABで豊富な設計経験があり、ご要望のFABに対して速やかに設計環境を構築します。また、OA に対応したCADのネットドリブン環境を自社内で立ち上げ、効率化を図っています。

■ 技 術

回路設計者との一貫設計で培ったレイアウト技術で回路特性をLSIに余すことなく実現します。
レイアウト検証では、物理検証とあわせて、ESD・ラッチアップ対策や寄生素子の影響をLSIの深層まで知り尽くした設計者による目視検証も実施しています。

■ 省面積化

回路特性を実現しつつ、LSIを『極限まで小さくする技術』を有しています。

■ 高品質&短納期

熟練の技と設計効率化により、想定以上の短納期を実現し、より一層ご満足いただける品質をご提供致します。

■ 請負体制

国内のみならず海外拠点も活用し、ボリュームの大きな設計依頼もお請けします。

LSI DIGITAL

先端プロセスSoCの豊富な設計経験

■ タイミングを考慮したレイアウト技術

面積・配線混雑の解決にとどまらず、論理設計者との連携により、タイミング制約ファイルの作成からACスペックの実現までを行います。各設計フェーズにおけるクライテリアを考慮した設計スケジュールを立案し効率よく実行していきます。

■ テスタビリティを考慮したDFT技術

故障検出率の向上、実動作スピード、テスターでの測定時間を考慮したDFTを行います。

■ 低消費電力化に対応した設計技術

クロックゲーティング/パワーゲーティング技術の適用と、クロック段数、最適な配線層も視野に入れたクロックツリーの最適化で低消費電力化に対応します。

■ 高速IFに対応した設計技術

近年のLSIには不可欠なDDRをはじめとした高速IFの実現に向け、最適な設計手法を適用していきます。




[LSI設計]デジタル | ソフトウェア