LSI DIGITAL CIRCUIT DESIGN[LSI設計]デジタル

[LSI設計]デジタル
最新の設計・検証技術をフル活用
三栄ハイテックスは、これまで数え切れないほど多くのLSI開発に携わり、デジタル設計・検証技術を磨いてきました。その経験と実績をもとに、アーキテクチャ設計・論理設計・論理検証の全ての工程で洗練されたサービスを提供します。
回路の急激な大規模化に迅速に対応するため、従来のHDLに加え、C/C++、SystemCなどの抽象度の高い最新の言語も使いこなし、より一層の効率化を推進します。

FPGA設計

LSI設計で蓄えたデジタル設計技術を使って、FPGA設計にも注力しています。FPGA実装の例としては、エッジコンピューティングの実現手段としてSoC FPGAを用いているケースがあります。ディープラーニングの推論アルゴリズムなどを、アーキテクチャ設計から実装・評価まで行います。

アーキテクチャ設計においては、性能やコストを意識した最適なアーキテクチャを検討し、HW(ハードウェア)/SW(ソフトウェア)パーティショニングを行います。HW/SWデザインではHW/SWチームが協調し、最適なスペックへ導きます。なお、HWデザインでは、高位合成を活用することで、より作業効率を上げています。

三栄ハイテックス社内の電気回路設計・筐体設計チームほか各部門のノウハウを活用して、 最適なシステムソリューションをご提供します。
FPGA設計

LSI開発フロー(デジタル)

01アーキテクチャ設計

パイプラインやリソースの共有といった論理構造を意識した最適なアルゴリズムやアーキテクチャを探求します。C/C++、SystemCを取り入れたり、必要に応じてMATLAB/Simulinkによるモデル化を行ったりと、新しい設計ツールを積極的に活用します。Mixed-Signal回路設計では、社内のアナログ設計メンバーと議論を重ねながら、バランスの取れた構成を考案します。
アーキテクチャ設計

02論理設計

設計意図や根拠を明確にして、堅実に設計します。第三者でも理解できる明快で丁寧なドキュメントを提供します。
論理設計

03論理検証

経験豊富なエンジニアが検証シナリオを過不足なく洗い出します。System VerilogやUVMなどの検証メソッドも積極的に活用して、品質の向上と検証時間の短縮を実現します。
論理検証