遠隔地バックアップ(BCP)

データセンターを活用した遠隔地バックアップサービスで
コスト削減とBCP対策を両立したバックアップ体制が実現できました

ご相談内容

  • 既存システム(Windows Storage Sever 2012 R2)のオンサイトデータバックアップ、および、遠隔地(データセンター)へのバックアップ
  • 既存システムのデータ容量は6TBで今後5年間で1年毎に1Tづつ増えていきます。
  • 5年後には、12TBを必要とします。オンサイト側はTS-451+(6TB4(Raid5))、データセンター側はTS-853U-RP にて希望しました。

提案内容

オンサイト側にはタワー型のTS-451+を設置。既存システムのバックアップコマンドを利用し、QNAPへバックアップをします。
TS-451+にバックアップされたデータは、データセンターに設置したTS-853U-RPにリアルタイムバックアップ(RTRR:Real-time Remote Replication)され、同じデータが安全な遠隔地にも保存されます。

ご契約内容

商品
  • オンサイト側
    QNAP TS-451+-8G、HDD HGST Enterprise 6TB SATA 3.5 6Gbs 7200RPM x 4台(RAID5構成)
  • データセンター側
    QNAP TS-853U-RP-8G、HDD HGST Enterprise 4TB SATA 3.5 6Gbs 7200RPM x 8台(RAID6+HP1構成)
保守内容 5年先出しセンドバック保守
その他 QNAP初期設定
オンサイトでのバックアップ設定

利用用途

採用のポイント

  • 低価格なハウジング、Tier3環境、保守の手厚さです。
  • 低価格なハウジングのため、月額のサービス提供もクライアント様に安価に提供が可能となりました。