サーバーリプレース

SERVER REPLACE
安心して利用できるサーバー環境へのリプレースをご提案
古いネットワーク機器・サーバー機器を運用し続けるのは、意外に管理コストがかかり、リスクが伴います。安心して利用できるネットワーク、サーバー環境へのリプレースを支援します。

サーバーリプレースサービスのご依頼、ご相談はお問合せフォームにて承ります。

サーバー機器の老朽化によるリスク

保守期間終了後の故障

サーバー機器には保守の期間があります。保守期間が終了した機器は、故障した際に修理できない場合があります。故障したら、その日からサーバーが使えなくなるかもしれません。

性能不足により動作が遅くなる

新しいOSやソフトウエアは、最近の機器を使って動作することを想定しています。古い機器で動作させると、動作が遅くなることがあります。パソコンの性能が高くなっているのに、サーバー機器が遅いために、サーバーの処理が終わるまで待つことになり、作業効率が低下します。

老朽化に伴う故障の多発

古い機器は故障も多く、サーバーが停止する頻度が高くなります。業務が停止する上に、故障の対応をする工数も必要となるため、管理費用が増えます。

ネットワーク・サーバーリプレースのメリット

最新機器の性能向上

ネットワーク機器やサーバー機器は、パソコンと同様、新しいもののほうが、安価で性能が高くなります。
今まで遅かった処理が速くなり、業務効率が上がる可能性があります。
また、消費電力が低く抑えられている機器が増えており、電気代などの管理費用を抑えられる場合があります。

故障や停止のリスク低減

新しい機器は部品も新しく、故障の頻度も少なくなります。
万一故障しても、保守期間が十分あるので、部品交換すれば短期間で直ります。

サーバー仮想化で機器の台数を削減

昨今は、サーバーは仮想化技術を用いて、1台のサーバー機器に複数のサーバーを稼働させることが一般的です。 これまで数台あったサーバー機器が、1台のサーバー機器でリプレースできれば、電気代などの費用が減り、管理工数の削減が期待できます。

提供サービス

最適なネットワーク、サーバー構成をご提案

当社は、特定メーカーの機器や製品のみを扱う“メーカー系”の企業ではありません。
お客さまのご要望に合わせて、セキュリティーや拡張性を考慮し、さまざまな製品から最適なものを選択してご提案します。
また、オープンソースソフトウエアを活用した低価格なシステム、サーバー仮想化技術を利用してサーバー機器の台数を減らした構成など、ITインフラコストの削減につながるご提案をします。

サーバー1台から対応

単体のサーバーやネットワーク機器のリプレースにも対応。
お客さまのご予算や規模にあわせてご提案します。

リプレース後の運用・保守

リプレース後のネットワーク、サーバーの運用・保守作業を行います。
定常的な作業、メンテナンス作業の代行から、トラブル対応まで実施します。
当社で構築したものだけでなく、すでに稼働中のシステム運用も対応可能です。

お気軽にお問合せください。

電話でのお問合せ
音声ガイダンスに従い
2 」を押してください
受付時間 : 平日10時~17時