ADC

オーディオや産業・医療機器など、幅広い用途に対応。
さまざまな回路方式のADCに実績があります。
中でも、デルタシグマ(ΔΣ)、逐次比較(SAR)、パイプライン(Pipeline)回路方式は、豊富な経験を有しています。

主なADC開発実績

回路方式 主な用途
デルタシグマ(ΔΣ) 計測器、オーディオ、高精度センサー
逐次比較(SAR) 汎用、マイコン内蔵、低電力センサー
パイプライン(Pipeline) 産業・医療機器、ビデオ、通信

ΔΣADC①

特徴

用途 オーディオ向け
次数 3次
サンプリング周波数 6MS/s
精度 16bit@1KHz入力
ポイント
  • アナログ部分について安定な定数設計、ノイズ設計
  • デジタル部分は用途に応じて最適化
    オーディオ等では上記の構成。DC入力であれば、補正フィルターを省略して、ローパスフィルターは平均処理のみでも可。

ブロック図

ΔΣADC②

特徴

用途 温度センサー向け
次数 2次
サンプリング周波数 8MHz、512クロックで動作(この期間で入力電圧変化がない用途向け)
分解能 12bit
ポイント
  • アナログ部分について安定な定数設計、ノイズ設計
  • デジタル部分は用途に応じて最適化
    オーディオ等では上記の構成。DC入力であれば、補正フィルターを省略して、ローパスフィルターは平均処理のみでも可。

ブロック図

逐次比較ADC

特徴

用途 マイコン向け
サンプリング周波数 1MS/s, 20MHz CLK動作
分解能 10bit
ポイント
  • 容量DAC、抵抗DACの素子サイズは、必要なINL,DNLと比精度の情報から最適化
  • 容量DAC、抵抗DACは比精度のとれるレイアウト設計
  • PreAmpの段数は速度とゲインによって、1段 or 2段を検討

ブロック図

パイプラインADC

特徴

用途  
サンプリング周波数 20MS/s
分解能 12bit
ポイント
  • 設計初期に容量のミスマッチ、アンプの出力誤差から性能を算出、素子ノイズと合わせて、容量サイズ、アンプのDCゲイン・f特、構成等を検討
  • 容量DACは比精度のとれるレイアウト設計

ブロック図

逐次比較ADC評価ボードシステム

実装できる機能や特徴

  • 評価装置を使うと時間がかかる電圧の切り替えを、高速DACを使ってADCの変換スピードで実施
  • 出力される膨大なADCの結果データを、FPGAを使って取り込むことができる
  • ニーズに合わせた任意の波形を入力可能
  • 評価装置を削減可能
  • 評価時間を大幅に削減
  • 繰り返し測定可能
  • 長時間(1000hなど)測定し統計処理後のデータだけ結果として出力可能(データの圧縮)
イメージ
評価結果(例)

ブロック図