モデルベース開発(MBD)

MODEL BASED
DEVELOPMENT
車載業界で採用が進む、モデルベース開発(MBD:Model-Based Development)に対応した設計サービスを提供
自動車開発の高度化に伴い、車載業界では従来型開発にはない特徴を持つMBDの採用が加速しています。三栄ハイテックスではこの市場変化に応えるため、MBDに関する独自のカリキュラムを用意して技術者を育成しています。また、過去のMBDによらない「既存設計資産」をモデル化し、以降のMBDによる開発に生かすサービスも展開しています。

モデルベース開発サービスのご依頼、ご相談はお問合せフォームにて承ります。
お問合せはこちら

モデルベース開発への取り組み

MBDには、次のような特徴があります。
  • 自然言語よりも厳密な(曖昧さの低い)表現で仕様=モデルが表現できる。
  • モデルをシミュレーションすることで、実機なしでも動作検証ができる。
 
特に車載制御系システム開発では、開発の高度化に伴い、これらMBDの特徴が生み出す価値が認められており、MBDの採用が進んでいます。当社ではこれら市場のニーズに応えるため、MBDに関する独自のカリキュラムを用意し、技術者の育成を行っています。
 
MBDに関しては、当社研究開発部門での取り組みも参照ください。

モデルベース開発移行サービス(既存設計資産のモデル化)

車載系制御システムの一部では、MBDによらない(以降『非MBD』と表記)で実装した「既存設計資産」が使用されています。ただ近年、この既存設計資産の存在が、シミュレーションの妨げになったり、設計効率向上の障害となったりと問題視されることが増えてきました。そのため、早急に既存設計資産のモデル化を行う必要があります。
しかし、MBD/非MBDの手法の違いや、過去資産設計時の事情などにより、一筋縄では行かないことがあります。例えば、下記のようなことが問題となります。
 
  • 非MBD:制御フロー中心、MBD:データフロー中心。
  • MBDでの検証や再設計に必要な情報が残っていない。
 
当社ではこれらの諸問題に対応するため、制御理論とMBD技術を踏まえた技術者が、既存設計資産(多くの場合Cソース)を読み解き、お客様とすり合わせをしながら既存設計資産をモデル化するサービスを展開しています。

データの流れの明示化

例:複数の関数から同じ変数への書き込みがある場合(※ハンドコードで実装される管理層から、AAA関数とBBB関数が呼び出される)

既存設計資産のリバースエンジニアリング

ソースコードや存在する資料を入力に、お客様とともに下記を行います。
  • 設計の解析、資料化
  • 上記を踏まえたモデルの作成
  • テストパターンの作成
  • 設計/検証環境構築、など

制御モデル設計

お客様から制御仕様などをご提示いただき、それらを基に制御モデルの設計/検証を行います。
 
具体例:電駆動系(モーター/インバーター)の、制御モデル設計/検証。
モーター/インバーターの制御仕様をいただき、それに沿った制御モデルの設計、テストパターンの作成、制御モデルから生成した Cソース/マイコンオブジェクトと、HILS上のモーター、実機のインバーターを用いた検証作業まで行います。

開発プロセス

開発プロセス図

お気軽にお問合せください。

電話でのお問合せ
音声ガイダンスに従い
2 」を押してください
受付時間 : 平日10時~17時