論理回路設計・検証

LSI DIGITAL
CIRCUIT DESIGN
最新の設計・検証技術をフル活用
三栄ハイテックスは、これまで数え切れないほど多くの半導体設計に携わり、論理回路設計・検証技術を磨いてきました。その経験と実績をもとに、FPGA設計/論理設計の開発プロセスにおけるアーキテクチャ設計(詳細設計)・論理設計・論理検証・実機検証等のさまざまな工程からサービスを提供します。FPGA開発、MBD(Model Based Development:モデルベース開発)等の開発手法もご要望により承ります。また、プロジェクトの目的や特性に応じて、ウォーターフォールやアジャイルといった設計フローに柔軟に対応します。
回路の急激な大規模化に迅速に対応するため、従来のHDLに加え、C/C++、SystemCなどの抽象度の高い最新の言語も使いこなし、より一層の効率化を推進します。

論理回路設計・検証サービスのご依頼、ご相談はお問合せフォームにて承ります。
お問合せはこちら

設計実績

車載向けセンサー画像評価システム開発

PCに取り込んだ画像でアルゴリズム検討ができる、実証実験用プラットフォーム。汎用インターフェースやモジュールを活用し、開発コストを軽減しました。

詳細はこちら

車載向けOpenCV H/W化のプラットフォーム開発

H/W化による処理性能に加え、実証実験への対応やプラットフォームの共通化により、アジャイル開発に貢献。開発工数の削減を実現しました。

詳細はこちら

産業向けカメラシステム開発

既存のカメラシステムをベースに、差分によるご要望に応えた事例。流用元の仕様を理解した上で、要求仕様を反映する設計を提案しました。

詳細はこちら

CIS論理回路設計

監視カメラ、車載、医療向けなどのCMOSイメージセンサー開発における、論理回路設計事例です。

詳細はこちら

Mixed-Signal LSI 論理回路設計

⊿Σ型ADCなどのMixed-Signal LSIにおける、論理回路設計の事例です。

詳細はこちら

デジタル信号処理設計

オーディオ/音声用CODEC、微小電流検出IC、電波時計用ICなど、デジタル信号処理を一貫で設計。

詳細はこちら

設計フロー

  • STEP01

    アーキテクチャ設計
  • STEP02

    論理設計
  • STEP03

    論理検証
STEP01

アーキテクチャ設計

パイプラインやリソースの共有といった論理構造を意識した最適なアルゴリズムやアーキテクチャを探求します。C/C++、SystemCを取り入れたり、必要に応じてMATLAB/Simulinkによるモデル化を行ったりと、新しい設計ツールを積極的に活用します。Mixed-Signal回路設計では、社内のアナログ設計メンバーと議論を重ねながら、バランスの取れた構成を考案します。
STEP02

論理設計

設計意図や根拠を明確にして、堅実に設計します。第三者でも理解できる明快で丁寧なドキュメントを提供します。
STEP03

論理検証

経験豊富なエンジニアが検証シナリオを過不足なく洗い出します。System VerilogやUVMなどの検証メソッドも積極的に活用して、品質の向上と検証時間の短縮を実現します。

お気軽にお問合せください。

電話でのお問合せ
音声ガイダンスに従い
2 」を押してください
受付時間 : 平日10時~17時